楽しく本物のネット副業情報を届ける公式サイト

ネット副業クエスト こっそり副業で1円から月収100万円までの冒険

アマゾンで転売するなら知っておきたい”fba”とは

  • 2016/11/4
  • 転売の道

s_shutterstock_372185197

FBA(Fulfillment By Amazon)とは

Amazonは世界中に倉庫を持っています。

  フルフィルメント by Amazon (FBA) とは、Amazonが出品者に代わって注文を受け、商品を出荷するプログラムです。出品者は商品をAmazonフルフィルメントセンターに納品し、納品された商品をAmazon 配送センターにて保管し、カスタマーからの注文に応じて出荷します。返品を含む受注後のカスタマーサービスはAmazon.co.jpが提供します。またFBAの注文商品はすべて、「国内通常配送無料」やギフトサービスが適用されるなど、Amazon.co.jpへの注文と同様に扱われます。出品者はFBA商品の価格の設定や商品説明の登録が可能です。なお、配送料はAmazon.co.jpが設定します。

FBA商品に対する注文を受けるとAmazon.co.jpは、

ペイメント処理を行い、カスタマーに対して注文確認メールを送信します

出品者にカスタマー情報を含む注文確認メールを送信します

出品者が納品済みの商品をカスタマーに出荷します

売上げから手数料を差し引いた金額を出品者の口座に入金します

返品を含むカスタマーサービスを提供します





http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200314830

より引用





上記のように、FBAとは、商品をAmazonの倉庫に納品しておき、

注文が入った際にAmazonが対応や発送をしてくれる方法のことです。



1

このFBAというシステムを活用することで、

効率の良い売上拡大をすることができます。





FBAのメリット

①業務効率UP

商品の在庫スペースに悩まされず、

商品が売れた後の梱包や発送を自分で行う必要が無くなるわけです。



screenshot_1

FBAを利用すると、販売の流れは以下のようになります。





②商品の販売メリット

FBAの利用が商品を販売しやすくなるというメリットもあります。



2

送料が無料

決済方法が選べる

Amazonブランドの利用





上記、3つの理由から販売しやすくなります。





1. 送料が無料:

購入者が商品の送料を無料で手にすることができます。





送料が有料の出品者よりも、送料無料のFBA出品者の方が、

商品が売れやすいということになります。





例えば、下のような価格と送料の商品が並んでいた場合に、

多くの人は、¥1,150の商品(一番上)を選ぶと思います。





実際に送料が無料になることで、

商品が売れやすくなるのは事実です。





また、同じ価格の場合、自己発送出品者よりも、

FBA出品者の方が上に表示されるので、

より売れやすくなるという効果も期待できます。



2. 決済方法が選べる:

購入者はクレジットカード以外に「代金引換」を選ぶことができます。





クレジットカードを利用しない方にも、

代金引換を選択することで、

商品が購入できます。

売れる商品が増えることにつながります。





更に、FBAを利用すると購入者は、

「お急ぎ便」を指定できますし、

更にはAmazonから24時間以内発送という安心感もあるので、

商品を早く手に入れたい人には、選択の範囲が広がります。





3. Amazonブランドの利用:

FBAの利用出品者には、

「AMAZON.CO.JP配送センターより発送されます」

という表示がされます。

3



Amazonというブランドから配送ということで、

信用度が上がり、商品が売れやすくなります。





ネット販売では、実店舗で商品を購入することと違って、

「商品がちゃんと届くのか?」などの不安感が購入者には伴います。





こういった購入者にとっては

「Amazonからの発送」は安心材料になって

販売数が増加することになります。





③商品価格を高く設定できる

前述した「2. 決済方法が選べる」と

「3. Amazonブランドの利用」は、

商品を高く売れる特徴にもなります。





クレジット以外の決済方法を選択するしかない購入者は、

多少高くてもそれが選択できる出品者を選んで購入する場合があります。





また、値段よりも信用度を重要視する購入者は、

多少高い商品でもFBA出品者を選択することがあります。

特に高額な商品になればなるほど、顕著に現れてきます。





これらの理由からFBAを利用することにより、

自己発送者よりも高い値段で商品を販売することができます。





FBAのデメリット

一番のマイナス面は、FBAはAmazonへの手数料支払いが発生します。





商品を保管し、売れた商品を梱包・発送してくれるサービスの

対価のAmazonへの支払いが必要になるわけです。





手数料というのは商品が売れたときに発生します。

一つ商品が売れるたびにFBA利用手数料を支払うことになります。





自己発送ではかからなかったコストが、

FBAというシステムを利用することによって必要になる。

ということになります。





FBAと自己発送を比較すると

同じ商品を同じ額で販売した場合、

コストはFBAの方が多くかかるため、

利益は少なくなってしまうということになります。



FBA利用手数料

FBAの手数料は、



出荷作業手数料

発送重量手数料

月間保管手数料



となります。

①出荷作業手数料

出荷作業手数料はFBAを利用して販売した商品(個数あたり)に、

かかってくる手数料になります。

それぞれの料金は下記のようになっています。

4

②発送重量手数料

こちらも先ほどの「出荷作業手数料」と同様、

商品が売れた場合(1出荷あたり)にかかります。

5



具体的には以下のように計算されます。



③月間保管手数料

Amazonに預けてある在庫の占有するスペースに、

毎月料金を支払うという形態になっています。

つまり場所代です。





まずは、FBAを利用するには、

上記の様な利用手数料がかかるということを理解しましょう。



FBA料金シミュレーター

どのような商品に、どのくらい手数料がかかるのか?は、

簡単に算出できるツール(FBA料金シミュレーター)も用意されています。



https://sellercentral-japan.amazon.com/fba/profitabilitycalculator/index?lang=ja_JP

6

このFBA料金シミュレーターを使用することで、

簡単に手数料などのコストを計算することが出来ます。



FBA利用手数料の支払いは、販売利益が減ることになりますが、

「③商品価格を高く設定できる」というメリットを使うことで、

全くのマイナス面ということではなくなります。



では、シミュレーションをしてみましょう。

仕入れ値¥300の商品を¥1,000で販売するとして、

自己発送の場合とFBA利用の場合を比較します。

screenshot_2

この場合、¥158も利益が少なくなります。

ですが、前述の「③商品価格を高く設定できる」の考え方で、

FBAでの販売価格を¥1,200にしたらどうなるでしょう?

screenshot_3

となるので、自己発送よりも¥12儲かったことになります。



Amazonに在庫を保管してもらって

さらに商品を梱包、発送までしてもらい

自己発送のときよりも儲かったことになるわけです。





自己発送の時よりも¥200高くて売れるかということに関して、

問題ない価格差であると思われます。



¥200高くても、「届かない」デメリットを考えると、

安心できるAmazonブランドで購入することを選ぶ購入者が

多数存在すると見るべきです。



こうなると



FBAを利用する上でのデメリットは、

FBAを利用することでの購入者の安心というようなプラス面を

しっかり理解することで

全く問題ならないということになります。





とはいえ、

全ての商品、すべての状況において

FBAを絶対に利用すべきかというとそれもまた違います。



ある場合においては

FBAよりも自己発送の方がいいこともあります。



FBAで出品する商品と自己発送で出品する商品、

どのように分けていけばいいのかは、

自己発送のメリットをしっかり理解すれば

簡単に判断することが出来るようになります。

FBAと自己発送はどちらがよいか?



基本的には、

「Amazonで販売するのであれば、FBAを利用」

の方が、良いと思われます。

それは、FBAを利用するメリットの方が大きいからということになります。



ただ、どんな状況でもFBAを利用するべきか?というと

それは違います。



状況によっては自己発送で出品した方が

いい場合もあるということになります。



ということで、

「基本はFBAを利用した方がいい」ということを踏まえ、

どういう状況の場合に、

FBAではなく自己発送で販売したほうがいいのか?を説明します。

自己発送で売った方が良い場合とは?



FBAを利用せずに自己発送で出品したほうがいい状況は、

主に以下の2つのパターンに当てはまるときです。



FBA倉庫に納品するまでに時間がかかる

Amazon以外で同時に販売する



1. FBA倉庫に納品するまでに時間がかかる:

「納品する商品が少なくて、FBAに送ると送料がわりに合わない」

という状況が一番多いパターンです。



FBAに商品を納品する際には

AmazonのFBA倉庫までの送料が発生します。





一度に発送する商品が多ければ多いほど、

一つの商品あたりの送料は安くなりますが、

数が見込めないとそれなりにかかります。





また、AmazonのFBA倉庫への距離があれば、

あるほど、高くなるので、厄介な問題です。





例えば、本を50冊仕入れてきて、一つの梱包で

¥1,000で発送したとすると、





本一冊あたりにかかった送料は、

¥1,000 ÷ 50 = ¥20

で、一冊あたり¥20で郵送できたことになります。





もし本が梱包で、10冊しか仕入らず、

同じく送料が¥1,000かかってしまったら、単純に

¥1,000 ÷ 10 = ¥100

で、一冊あたりにかかる送料は¥100となります。



この送料は単純に利益からマイナスになりますので、

大きくなればなるほど痛いものになります。



ものすごく利益が取れる商品であれば、

送料が少し高くなっても商品を送りますが、

利益が数百円から¥1,000程度くらいになってくると、

送料だけで数百円もかかっていては、とてもやってはいけません。





こういった場合は、ある程度の数が溜まるまでは、

自己発送出品の方が良いかと思います。





2. Amazon以外で同時に発売する:

Amazonだけでなくヤフオクなどでも同時に販売したいときなどに

FBAに送ってしまうと、ヤフオクで売ることが厄介になります。





FBAに送った商品をヤフオクにも出品して、

もしヤフオクで売れてしまった場合、

一旦アマゾンに出品した商品を送り返してもらってから、

再度発送するという、全く無駄なことをすることになるので、

費用もかかりますが、何より時間がかかってしまいます。





こういったことから、2か所以上の場所で同じ商品を同時に出品するなら、

FBAではなく自己出品にしておく方が良いでしょう。



まとめ

FBAを利用することは、



在庫を送るので、売れ残るリスクもある

Amazon内での検索順位や優先表示される

Amazonの倉庫からすぐに発送してくれるのを、

購入者は好む傾向なので、多少価格を上げられる



ということになりますが

単純に毎日の梱包・発送作業をしなくていいというのは

一番の魅力ではないでしょうか?



自己発送では、売れた商品を梱包してメール便で発送するという

毎日の作業が苦痛の方にとっては、そこから解放されるというのが

一番の魅力であると思われます。



初めのうちは、梱包作業に面白みがあっても

それでもさすがに毎日となるとどうでしょう?



副業の場合は、本業の疲れもあるかと思いますから

性格的に苦手な人は、苦痛と感じる方もいらっしゃると思います。



本業でやっている人や組織でやっている人でない限り

自己発送はオススメしません。



最初は自己発送でもいいのですが、販売数が多くなってくると

発送作業に追われて仕入れ時間が削られるという事態になりかねません。



そうなってしまうと本末転倒ですので

個人でやる場合は(特に副業)ある程度売れるようになったら

FBAを利用していくことをオススメします。



アイキャッチ画像:Jeramey Lende / Shutterstock.com

副業で稼ぐための7つの神器

関連記事

その転売は違法じゃないですか?知らなきゃ損する転売の知識

s_shutterstock_395789476

実は、その「転売」は、ほとんどが「違法」か「グレーゾーン」です。  ネットオークションなどでよく見られる「転売」や「せどり」の ほんとんどが、「違法」か「グレーゾーン」なのです。 …

せどり必須アイテムおすすめアプリ7つ紹介

shutterstock_290831636

ここ最近になって副業の人気ランキングで 常にTOPにランクインするようになったのがせどりです。 この記事を読んでいるあなたもせどりをやっていたり これからせどりをやろうと思ったりし…

せどりで利益が出る商品の仕入れ方を公開

shutterstock_167038427

■せどりで重要なのはリサーチと仕入れ  せどりで利益を出し、稼ぎ続けていくには、 リサーチと仕入れが大切 という話はよく耳にします。 実際にYahoo!やGoogleでせどりについ…

せどり初心者の商品が売れない”7つの原因”

shutterstock_258562583

せどりで売れないのは運では無く「原因」がある  せどりというと「売れない」「稼げない」 という単語がついて回ることが多く、 「もしかすると自分がせどりで売れないのは、  ただ運が悪…

TOPへ戻る