楽しく本物のネット副業情報を届ける公式サイト

ネット副業クエスト こっそり副業で1円から月収100万円までの冒険

ホリエモンの心に響く格言11選

  • 2016/9/5
  • 冒険の書

img_87e8cc28922d6eb5bef31a9dc2ed3be5170611

日本の最高学府・東京大学に

わずか半年間の勉強で入学しその後学生起業。





学生起業である程度成功したことをきっかけに

東大を中退。





東大を中退した後はさらに事業の方に集中し

一躍時の人となるものの、まさかの逮捕。





刑務所から出所したあとは様々な事業を手がけ、

日本の事業家の代表的な存在となった

ホリエモンこと堀江貴文さん。





そんなホリエモンは

いくつもの格言をこの世に残しています。





今回はその中から厳選して11個紹介していきます。







1、世の中の「しがらみ」について





1

ホリエモンさんは、世の中に存在する

様々なしがらみについてこう語っています。





「いま世の中には、一部の人たちの利益を守るために

 みんなにとって不便なものが多すぎる。」





ホリエモンさんはこの後、身近な喩えとして

「医薬品のネット販売」を取り上げていますが

この他にも私達の周りには、たくさんの「不便なもの」があります。





例えば、学歴というしばり。





今の日本社会では、高い偏差値の大学に行かなければ

大企業に就職できないとされています。





60代~70代あたりの人の中には

大企業である程度の地位にもかかわらず

「中卒」「高卒」という人もいます。





また、今ひそかな人気を集めている田中角栄元総理大臣も

現在は中学校にあたる高等小学校卒です。





もし、今も中卒や高卒でも十分大企業に入れそうなら、

進学をするにも余裕が無い世帯なら、

高卒で就職させる手段も考えられます。





そうでなくても「行きたくないなら行かなくていいよ」

といえる世の中が実現するかもしれません。





今の日本社会は残念ながら、格差が広がりつつありますが

一部の意識高い人の間では利益を分配しようという流れも出てきています。







2、「大切なこと」って、なに?



2

引用:http://toyokeizai.net/articles/-/97012





他人の生活をのぞき見できるSNSサービスが現れてきたり

様々な生き方が認められつつある今の社会では

人々の大切なことが見失われつつもあります。





そんな中、ホリエモンはこのような格言を残しています。



「僕が一番大切にしているのは

 毎日を退屈せずに楽しく過ごすことです。」





人は長く生きても大体80年程度しか生きることができません。





しかも、世の中に大きな功績を残せる人はほんの一握りで

ほとんどの人はそれなりに楽しかった学生時代を経て

社会人になります。





そして40年間会社で勤務しその後は

「老後」として生活を送り、そして命をまっとうする

80年間だと思います。





どうせいつか死ぬなら、命がある間はその生命を全うするために、

「今を生きる」ことを心がけたほうが良いのかもしれません。





人は刹那的にしか生きられない生き物です。



大きな功績を残せるかどうかより、

自分が楽しいかを重視したほうが

結果的に良い人生を送ることができるでしょう。







3、複雑化する社会において、仕事はどうやればいいのか







IT技術の発達やみんながみんな

1つの考えを持っているわけではなくなった今の日本社会。





昔より複雑化していて、仕事のやり方すら

見失う人もいるかと思います。



ホリエモンは、これについてこう答えています。





「僕の理想は、シンプルに、こだわらず、考えない経営です。

 複雑に考えずに常に基本に返る。」





ホリエモンの考えは非常にシンプルです。





今の世の中、どうしてもいろいろと理論をこねくり回しがちですが

本来仕事というのは「ただやるべきことをやって、お金を作る」

という非常にシンプルなものなのです。





ですから、基本に常に立ち返ることで

「なんだ、仕事ってこんなに簡単なのか!」

と実感することができますし、



考えなければ他のことにも労力を使うことができ

結果的に自分が心からやりたいことに力を注ぐことができます。





また、仕事について変なこだわりを持つと

変化が多い時代ではついていけなくなります。







こだわりがないと、変化が多い時代にも適応することができ

結果的に生き残ることができるのです。





今の世の中で必要とされているのは

自分の軸と社会に適応する力の「バランス」なのかもしれません。





4、起業したい人に捧げたい、お金の使い方のルール





3

終身雇用制度が崩れつつある今

起業しようとしている人も多くいます。





そして、その起業する人たちに対して

ホリエモンはこのように言っています。





「株主に利益を供与するために、良いサービスや商品を作って売るわけです。

 それで顧客は満足する。

 

 ビジネスが成功すると、税金もたくさん払うことになるし

 お金持ちが大金を投資するようになる。

 

 それによって経済が活性化され、

 結果的に社会に貢献するようになるわけです。」





今は会社を立ち上げると、どの会社も株式会社となります。





株式会社は株主によって動かされていると言っても

過言ではないものの、会社にお金を渡す人は株主以外に

「顧客」もいるため、



経営初心者は株主にお金を使うか

顧客にお金を使うかで悩むことが多いようです。





ホリエモンは株主に利益を渡そうとすることにより

結果的に顧客も社会も満足すると説いています。





特に、大金持ちからの言葉については

顧客重視で商売をやっていれば起こりえないことでしょう。





会社経営をしたいと思っているのであれば

株主ファーストですることをおすすめします。





5、フリーターや引きこもり、ニートを責める権利はない





4

日本では、フリーターや引きこもり

それからニートの増加が問題となっています。





特にフリーターについては大卒新卒者であっても

全国平均で15%くらいは毎年そうなっているようです。



これについて、ホリエモンはこう語っています。





「フリーターや引きこもりと言われる人たちでも

 われわれがとやかくいう権利はないわけです。



 価値観の多様化は歴史の必然だと思っています。

 旧世代の価値観でものごとを計ることが不幸のはじまりなのです。」





ホリエモンは、

価値観の多様化を歴史上の必然のことだとしており

さらに旧世代の価値観で何かを言うことを「不幸の始まり」とまで言っています。





少し前まで、田舎に住むことは「不幸」とされていました。





田舎に住むことが不幸とされていた理由としては

「ものがない」「栄えてない」といったものでしたが

現在ではそのまま田舎に残るマイルドヤンキーと呼ばれる若者や





生活コストがかからず、なおかつ肩肘張らず生活できることから

田舎に移住する若者も増えてきています。





「田舎暮しは不幸」という旧世代の価値観は

その世代では生きていたかもしれませんが

上記に挙げた若者たちは、幸せそうに暮らしています。





田舎に住む若者をどうこう言う権利が私たちにはないように

フリーターやニート、それから引きこもりについてもどうこう言えないのです。





6、今、社会に必要なのは社会システムの革新だ



5

引用:http://bond-mag.jp/tag/堀江貴文



ホリエモンは、いま社会に必要なものをこう説いています。



「旧世代から引き継いだばかばかしい社会システムを壊すことです。

 できないではなく、どうやったらできるかを考えることです。」





今、日本社会は分かれ道に立たされている

といっても過言ではありません。





ホリエモンさんが言う旧世代が築いた社会システムを

そのまま利用するか、新しい世代が新しい社会世代を作り上げるか

その分かれ目になっています。





ホリエモンさんは社会システムを新しくする必要があると説いており

さらに新しい世代に対しては

「どうやったらできるかを考えることが大切」ともしています。





富と名声と地位は旧世代の人のほうがあるかもしれません。





ですが、今の若い人にはSNSを活用した

「つながる力」や「時間の猶予」といった武器があります。





旧世代の人と同じ土俵で戦うのではなく

若い世代が新しい価値観を創造して

そしてその価値観で旧世代の人を超えるのも1つの手といえます。





7、お金に好かれたいなら、お金を好きになろう





6

ホリエモンさんは、お金についてこう説いています。





「お金というものはお金が好きな人のところに集まってくる

 とよく言われます。これは当然のことです。



 お金なんていらないと思っている人が金持ちになれるはずがありません。





しかしもっと問題なのはある程度リッチになってしまった人の場合です。





リッチになると人間は小さくまとまってしまう傾向があるのです。



月収のレベルで100万円や200万円を越えると

自分のやりたいことは大抵実現できるようになってきます。



しかし、ここで満足してはゼッタイにいけないのです。





お金に好かれたいのであれば

自分から好きになる必要があります。







お金もお金ですから、お金のことを嫌っている人のところに

自ら行こうとはしません。





収入を増やしたいのであれば

お金に近づいてもらえるように努力をする必要があるのです。





また、「そこそこリッチになった人」についても言っており

とにかく小さくまとまらないようにして欲しいと言っています。





確かに月収100万円もあれば普通の人が思い描く

「したいこと」はできるようになりますが

ずっとその収入でいたいと思うのであれば、満足してはならないのです。





8、就職しようかと悩んでいる学生や会社へ疑問を持っている社会人へ





7

日本特有の終身雇用制度は壊れつつありますが

それでも「いい大学を卒業して、いい会社に入る」ことへのあこがれは強く

今も受験戦争などといった言葉は生きています。



そんな中、ホリエモンさんは就職についてこう語っています。





「一度、自分で仕事をとってきてやってみることが大切なのです。

 会社を通さずに仕事をしてみると、えっこんなにもらえるんですかという話になる。



 そこではじめてこれまでこんなに上前を

 はねられていたんだと実感できます。



 就職とは他人のリスクコントロールの支配下にはいるということです。」





ホリエモンさんは一度自分で仕事をとって

やってみることを推奨しており、



そして最後には

「就職とは他人のリスクコントロールの支配下にはいるということです。」

とはっきり明言しています。





前半部分も大切ですが、後半の最後の一行も大切です。



どちらにせよ、会社とはそのような組織であることを

肝に銘じておいたほうがいいかもしれません。





9、社会システムの破たんの可能性に気付こう





8



「気づいている人間にはチャンスがたくさん巡ってくるわけです。

 この時代の転換期に旧来の社会システムの破たんに気付かず

 ぼんやりしていれば他人から搾取されるだけなのです。」





ホリエモンさんは、社会システムの破たんについて

はっきりと明言しています。





現に、少子高齢化社会が生まれたことにより

現在の日本では年金問題から介護問題、

それから人口減少問題などたくさんの問題が起きています。





これに気づかぬままぼーっと一生を過ごして死にゆくか

これに気づいて生きた心地がしている一生を過ごすか

あなたはどっちを取りますか?





10、限界は決めなくていい





9

「無理だと思う必要はどこにもない。

 追い求めていかなくては、可能性は消えてしまう。」



日本人は「みんな一緒」や「年相応」が大好きです。



特に「年相応」については、多くの日本人が気付かずに

とらわれている概念と言ってもいいでしょう。





しかし、自分で自分の限界値を決めていれば

本来人間が持っていたはずの可能性は消えてしまいます。



限界値を決めず、常に自分がしたいことを追い求めることによって

「成長し続ける」を遂げることができるのです。





「成長し続ける」を実現すると

やがては誰も手を伸ばしても届かないような

高い次元で生きることができます。





11、失敗しても別にいい。命までとられることはない。



10

引用:http://netgeek.biz/archives/69740



「失敗しても命までとられることはない。ゼロになるだけ。」





ライブドア事件にて逮捕され

そして監獄に入れられたホリエモンさんだからこそ

言うと重みのある言葉です。





失敗しても命までとられるわけではありません。





日本社会は一度レールから外れた人間に対して冷たい社会ですから

失敗を恐れる人が多く、そのことがゆとり世代の

若者を生んでいる原因にもなっています。





失敗しても、あくまでもこれまでに身につけた地位や富

それから名声が0になるだけです。



失敗しても、また這い上がればいいのです。







まとめ





「東大卒」という、日本で最強とも言える称号をもらう予定だった

ホリエモンさんは、東大に入ったのにもかかわらず

「大学はブランド価値以外の意味がない」と思って大学を中退しました。





そして、その後の人生はフジテレビを買収しようとしたり

刑務所に入れられて刑務所生活を送ったり

美味しいものを発掘できるサービスを作ったり…



と波乱万丈な人生を送っています。





エリートから転落した人の言葉だからこそ

今現在「成長したい」と思っている人には

重みのある言葉になるのではないでしょうか。



アイキャッチ画像引用元:http://toyokeizai.net/articles/-/74809

副業で稼ぐための7つの神器

関連記事

やる気がでないのは病気!?やる気がでない7つの原因

shutterstock_288233360

日々、仕事や作業をしている中で、やる気がでない日や、 やる気がでない時間ありませんか。 人は、どんな時にやる気がでなくなるのでしょうか。 今回はやる気がでない7つの原因についてご紹…

ウォルト・ディズニーの夢を与える格言11選

5fb7a5a7-5276-4023-bf0e-66ccf472ccc3

ウォルト・ディズニーは、 世界中で人々に愛される「ミッキー・マウス」の 生みの親です。 彼はアニメーター、プロデューサー、 映画監督、脚本家、声優、 また実業家として成功しましたが…

野原ひろしの名言集!明日の仕事も頑張れる11の言葉

BpCs95-IAAAYKR1

最近モチベーションが落ちてきているな。 と、感じたことはありませんか。 日々同じ仕事を繰り返し、上司からは叱られ あまり高いとはいえない給料だけで働き続けるということは 容易なこと…

自分を変えるための方法/性格は変えられる!?

shutterstock_374136655

あなたは自分の性格に満足していますか。 この世界にいる人間の誰もが、 自分の性格というものについて、 多かれ少なかれ不満や行き場の無い悩みを抱えています。 不満や悩みを抱えながら生…

本田圭佑の名言集〜ビジネスでやる気のでる19の言葉〜

7d1029d79d02b261837fe6bda30f80e4_m

世界規模で活躍する本田圭佑選手の「やる気の出る名言」 日本を飛び出し、今や「世界の」セリエA  ACミランで活躍する本田圭佑選手。 1986年の大阪府生まれの彼は 名古屋グランパス…

効率よく稼ぐ副業について

副業で効率よく稼ぐには3つのポイントが大事だ 効率よく稼ぐためのポイント1:いろいろやる 全体的に簡単にでも、いろいろ触ってみることが大事 そうすることで「自分に向いているもの」っ…

TOPへ戻る