楽しく本物のネット副業情報を届ける公式サイト

ネット副業クエスト こっそり副業で1円から月収100万円までの冒険

アフィリエイト広告でやってはいけない貼り方3選

  • 2016/11/2
  • アフィリエイトの道

s_shutterstock_360101591

副業や趣味の延長として。

隙間時間の活用として。

現在、日本中で多くの人が行っているアフィリエイト。



アルバイトなどと違い、自宅でできることも魅力で、

何より自分のペースでお金を稼ぐことができます。



これは、やらない手はないと考える人も多いと思います。



様々なウェブサービスが生まれている昨今、

初期費用や専門的な技術、知識がなくとも始めることのできる。

そんな気軽さも魅力の一つかもしれません。



稼げるという言葉を目にすることや耳にすることが珍しくないアフィリエイト。



なのに、いざ実際に行ってみると

「あれ?」

と思わず言ってしまいそうになるほど稼げない。



聞いた話ではもっと稼げるはずなのに……。

案外……いや、まるで稼ぐことができない。



そう感じることはないでしょうか。



その原因、

実はアフィリエイト広告の貼り方に問題があるのかもしれません。



誰でも専門的な技術や知識を必要とせず、

気軽に始められるアフィリエイト。



けれど、やはり商売に違いありません。

稼ぐためにはやり方があります。



やり方があるということは、

そこには、より良いやり方や間違ったやり方が存在します。



アフィリエイト広告においては、特にその貼り方に間違ったやり方があります。



これから、間違ったアフィリエイト広告の貼り方を3パターン挙げます。

あなたも知らず知らずやっているかもしれません。



どれもこれも意外に多くの人が行っている貼り方ですので、

自分のサイトは大丈夫か、

ぜひご確認ください。



1.とりあえず貼っても稼げない



1

アフィリエイト広告をとにかくあちらこちらに貼り付ける。

初心者ほどやりがちです。

これは絶対に稼げません。



アフィリエイト広告は、

基本的にクリックされるだけでなく、

その後商品を購入してもらう必要があります。 



ところが、この方法ですとクリックすらされない可能性があります。

それどころか、二度とあなたのブログを閲覧しなくなるかもしれません。



バナー広告が顕著ですが、

テレビのCMのようなもので、

広告は大抵の場合読者にとって邪魔になるものです。



それがブログやサイト上のあちらこちらに貼られているとなれば、

見る気も起きなくなることは想像に難くありません。



アフィリエイトを行うにあたって、

まずその広告を貼っているブログやサイトを見に来てもらう必要があります。



それにもかかわらず、

そのブログやサイトを見てすらもらえないようにしてしまっては、

致命的な損失になってしまいます。



いくらブログやサイトを作る上で費用がかかっていないといっても。

時間や労力はかかっているのです。

その全てをご破算にするようなことは決して行うべきでありません。



アフィリエイト広告を闇雲に貼ることは、検索流入を下げることにも繋がります。



検索流入とは文字通り、

GoogleやYahoo!などで検索して、

その結果からブログやサイトなどに入ってくることです。



検索結果でより上位に表示されればされるほど閲覧者は増え、

稼げる可能性が膨らみます。



アフィリエイトを行う人はもちろん、

様々なホームページやブログが氾濫している現在、

この検索表示の順位が非常に重要です。



誰も彼もがSEO対策といったものに躍起になるのもこのためです。



検索順位一つでアクセス数は飛躍的に伸びることから、

アフィリエイトで稼いでいる人は日夜順位を上げる努力をしています。



ところが、ここまで書いたような広告の貼り方をしていると、

その検索順位を下げることになります。



これは、まさしく自ら稼げなくしているようなもの。



一般的にアフィリエイト広告をクリックする人は、全体の1%と言われています。

更にそこから購入に至る人は、そのうちの1%程度です。



つまり、10,000人のアクセスがあってようやく1人購入に至ります。



アフィリエイトで稼ぐことは、何ら考えずに行っているとそれだけ難しい。

その状況下で、自ら稼げないブログにしてしまうのですから、

余りにも勿体ない。



アフィリエイト広告を闇雲に貼ることは、

それだけ勿体ないことをしています。



信じられないほど稼げない状況を作る原因になっていることを認識しましょう。



同じ流れで

初心者がやってしまいがちな稼げないアフィリエイト広告の貼り方として、

記事の中に貼ってしまうこと。

記事とまるで無関係な広告を貼ってしまうことがあげられます。



やはり、これも闇雲に貼っているのと変わりません。



記事の中とは、

文章中や文章と文章の間に突然アフィリエイト広告が現れることです。



なんとなく思い浮かべるだけでも記事を読む邪魔になると想像がつくのではないでしょうか。



いわば、ドラマの良いところで割り込んでくるCMのようなものです。

文章を突然ぶつ切りにするかのような広告の出現は、

読む側からしてみれば不快としか言えません。



記事の中に広告があった方がクリックされやすいのではないか

そう考える気持ちは察しないでもありません。



ただ、実際のところ、

これをクリックする人はほとんどいません。



記事を読むにあたっての障害となることによる不快感を誘発するからというだけでなく、

そもそも広告だというのが余りにも露骨で、その先を見ようと思えなくなるからです。



記事を読んだ上で、

記事に書かれているような商品が欲しい。

体験がしたい

そういった気持ちの昂ぶりがあって、初めてアフィリエイトは成功しやすくなります。



その観点から考えても、これは失策です。



同じ理由で、記事の内容と全く関係ない広告が貼られている場合も稼げません。

この場合、意味の分からない広告が差し込まれていることになるため、

不快になる以前に、その記事の内容に疑心を抱かせることにもなりかねません。



アフィリエイト広告を貼る際は、

記事の内容に合わせたものを

記事から広告先へと誘導するように貼るのが最も効果的です。

見た目としても落ち着いて見えるようになります。



2. 閲覧者を無視しては稼げない



2

最近でこそスマートホンが普及し、

上から下にスクロールさせて文章を読んでいくということが普通になりました。



それでも仕事を筆頭にパソコンで調べものをする人は減りません。



パソコンのディスプレイのようなものを見るにあたって、

人の視線はZを描くように動かされるという話です。



この話がどこまで真実なのか、

そもそも個人差は無いのか、

気になることは色々とあります。



それはそれとしても、

閲覧者の存在を意識し、

考えるという一点において、

そういったことを考えるのも非常に良いことと言えます。



前項で説明した内容にも若干かかりますが、

アフィリエイト広告で稼ぐにあたって最も必要なのは、

その記事の内容よりも、

閲覧者に広告先の商品ないしサービスを購入してもらうことです。



内容がどのようなものでも良いとは言わないまでも、

閲覧者の思考や嗜好をくすぐることこそが大切だということです。



それができていないアフィリエイト広告の貼り方はやはり間違いと言わざるを得ません。



具体的にはどういうものか。

例えば、ブログやサイトを開いて、真っ先に広告が表示されるような貼り方。



これは様々なアフィリエイト攻略サイトなどでも否定されているように、

間違った貼り方です。



広告によっては、この貼り方を禁止しているほどです。



なぜ間違いなのかは、考えるまでもありません。

意味が分からないからです。



この場合、

ブログやサイト、記事のタイトルとその広告だけが表示される状況であることがほとんどです。



多くの閲覧者は、

まず記事のタイトルからそこに書いてあるだろうことを予想し、

その内容に期待して記事を開くわけです。



考えてみてください。



そこで表示されるのが広告。

期待を裏切られたと感じるのはもちろん、

そのブログがアフィリエイト目的でしかない、

中身のないブログだと思われることでしょう。



そうなってしまっては、

広告先への誘導はもちろん、

ブログの閲覧自体望めなくなってしまいます。



ブログに貼るアフィリエイト広告を選ぶにあたり、

一体どういったことを調べている人が、

自分のブログを見ているのかを把握せずに広告を貼るのも間違いと言えます。



現在、ブログサービスの多くにアクセスカウンター機能が備えられています。



自作のホームページなどを運用する場合でも、

そういった機能が搭載できるサービスも少なからず出回っています。



そしてアクセスカウンターには、

どういった言葉で検索を行って人が閲覧に来ているか

それを調べる機能も必ずといって良いほど備わっています。



そういった情報を知らないままアフィリエイト広告を運用することは正しいとは言えません。



自分が書いたどの記事がアクセスを集めたのか。

アクセスを集めた記事に関連性はないか。

アクセスを集めた時期やその時の社会情勢などはどうだったか。

そういった周辺情報を含む、アクセス状況をまとめておくことも大切です。



こういったことを知らずに、

ただ記事に関係があるからといった理由でアフィリエイト広告を貼るのは、

ただ闇雲に貼っているのと大きな差はありません。



3. バナー広告は稼げない



3

ここまでは、サイト全体として見たアフィリエイト広告の間違った貼り方について書きました。

ところで、アフィリエイト広告それ自体の選び方や貼り方には間違いはないのでしょうか。



これにも間違った貼り方はあります。



意外かもしれませんが、

画像として表示される、いわゆるバナー広告は稼げません。



明らかに広告だと分かるというのが、その最たる理由です。



ただ、中には単純に画像だと思ってクリックしない人。

そもそもバナー広告自体がどのようなものか分からずにスルーしてしまう人。

こういった人々が多いという現実もあります。



貼る側からしてみれば、

バナー広告は見た目にも目立つ上、

コピーも分かりやすく、

何を訴えているかが伝わりやすいと感じるものです。



けれど、それはあくまでも貼る側の意識でしかなく、

つまるところ思い込みでしかありません。



前項でも書きましたが、

広告が記事をき損することも少なくない中、

バナー広告はその通り目立つため、

記事の印象を薄めてしまうことにも繋がっています。



目立つのであれば印象付けやすいのでは。



そう考えたくなる気持ちは察しますが、

アフィリエイト広告の本分は目立つことにありません。



あくまでその先に誘導し、商品を購入してもらうことにあります。

広告が目立ったところで何ら意味はないのです。



これが、

記事を読んだ余韻から最後の一押しとして

閲覧者の心を掴むポイントとなるのであれば話は別です。



多くの場合、そうはなっていません。



それならば、

テキストリンクを貼り、その先にも記事の内容が続いていると思わせ誘導したり、

記事で紹介したもののより詳しい情報を知ることのできるサイトとして、

やはりテキストリンクを文章の後に置いたりした方が効果は高いと言えます。



ただし、何もバナー広告を貼ることが全て間違いというわけではありません。



バナー広告には、それを貼ることによって生じるデメリットがあります。

しかしその一方で、文章より目立つこと自体は確かです。



大抵の場合、

この目立つ在り方がマイナスに作用するからこそ

バナー広告は稼げない広告として扱われるのです。



逆を言えば、この点を活用できればより効果的なアフィリエイト広告となる可能性があります。



では、どうすればそういった使い方ができるか。

それほど難しくありません。



初めにバナー広告のデメリットである目立ち過ぎて記事をき損すること、

これは到底許容できるものではありません。

この点を防ぐために、広告の内容は記事の内容と限りなく一致するようにします。



最も無難なのは、

記事に対してアフィリエイト広告を選ぶのではなく、

アフィリエイト広告に合わせて記事を作ることです。



アフィリエイト広告を広告としてではなく、記事の要素にしてしまうわけです。



これならば目立ったところでそれほど問題になりません。

人によっては最後の一押しになりえます。



このとき、最後の一押しとする以上、広告は記事の終わりに貼ります。

そして、ここが重要なのですが、

そのバナー広告の下にテキストの広告も置きます。



つまり、そのバナー広告が何らかの情報源だということをテキストリンクで伝えるわけです。



これならば、バナー広告が一体何を意味しているのか分からなくなることはありません。

また、これによって、バナー広告を一つの情報源として印象付けることができます。



このように、バナー広告も使いようによっては全く稼げないというわけではありません。

何ら手間を加えることなく、ただ貼ることが間違いというだけなのです。



まとめ

4

アフィリエイト広告は、

誰でも手軽に始めることのできる稼ぎ方として

多くの人に利用される反面、

実際に稼ぐことができている人は一握りです。



しかし、それは多くの場合、

アフィリエイト広告の貼り方が間違っているといった

基本的なことを疎かにしているためです。



誰でも手軽に始められるからといって誰でも手軽に稼げるわけではありません。

間違ったやり方をしていれば、尚更です。



自分のアフィリエイト広告の貼り方は間違っていないか。

より良いアフィリエイト広告の使い方はどういうものか。

しっかりと考え、実践し続けることが大切です。

副業で稼ぐための7つの神器

関連記事

アフィリエイトのやり方!収入が入るまでの流れを解説

s_shutterstock_390766585

ネットで稼ぐ手法の王道「アフィリエイト」 副業ブームが来る中 徐々に世間に浸透してきた「アフィリエイト」。 アフィリエイトは、ものを紹介して広告収入を得る… という収益化のやり方で…

アフィリエイト初心者が稼げない5つの原因

s_shutterstock_410000497

  アフィリエイトとはなにか そもそもアフィリエイトとは どういったものなのでしょうか? アフィリエイトを日本語に直すと 「成果報酬型広告」という言葉になります。 こう聞…

ブログで月10万稼ぐための7つのチェック項目

s_shutterstock_403222465

ブログで稼げる人と稼げない人の違い ブログで稼げる人と稼げない人の違いは 技術面の部分ももちろんあると思いますが 大きな稼げない大きな要因としては 継続ができないということにあると…

アフィリエイトの平均収入とそれぞれのライフスタイル

shutterstock_140390575

今回は、アフィリエイトの平均収入と ライフスタイルについてご紹介します。 アフィリエイトに興味を持っても、 本当に稼げるのか?気になる人は多いはずです。 「大金を稼ぐようになりたい…

Twitterアフィリで稼げない5つの落とし穴

twitter_social_icon_blue

そもそも”Twitterアフィリエイト”って? Twitterアフィリエイトとは、 人気SNSのTwitterを使ったアフィリエイトであり、 通常のブログやサイトを使ったアフィリエ…

アフィリエイトに使いたい!記事が削除されにくいブログ6選

58746aaa98971ea1c611516722f9430e_s

アフィリエイトをやるなら、ブログの選定もコツが必要! 商品のリンクを貼って、そこから買ってくれたお客さんが出たら 承認作業を経て、最終的にはアフィリエイターと呼ばれる 「商品を紹介…

TOPへ戻る